もしもリフォームをしなかったら?

リフォームをしないとどうなる?

これまでのページでは、リフォームの目安となる時期や、住宅診断の活用方法についてお話しさせていただきました。
最後にこのページでは、リフォームをしなかった場合の恐ろしいデメリットについてご説明させていただきます。

住宅のリフォーム、特に外壁の塗装や屋根の補修などはとても重要なものです。外観を美しく保つだけでなく、家の強度や安全性にも影響を与えてしまうからです。

もしも屋根や外壁などのリフォームを怠ると、劣化した箇所から雨漏りが起き、家の中にカビなどが発生する原因となります。

単に雨漏りとだけ聞くと大した問題ではないように感じるかもしれませんが、この雨漏りがやがて家の中の壁や柱などを腐食させ、家全体をもろくさせてしまう危険性があるのです。
そうなれば、地震や台風など、災害に耐える力まで大きく低下させることになってしまうでしょう。

雨漏りがシロアリ被害を加速させる

さらに雨漏りを放置してしまうと、シロアリの被害まで呼び込んでしまう危険性があります。

シロアリが住宅の柱などを食い荒らしてしまう、という話は皆さん耳にしたことがあるかと思います。
雨漏りを放置してしまい、家の中にカビや湿気が発生した状態のままにしておくと、家全体がシロアリの絶好のえさになってしまうのです。
そうしてシロアリに家を食い荒らされてしまうと大変です。
リフォームどころか、家全体の大規模な工事が必要となってしまうかもしれません。
そうなれば当然、費用も高くつくことになります。

ここでご紹介したのは『放置してしまった場合』の例ですので、早め早めの対処で、こうした最悪の事態を防ぐことは可能です。
リフォームは、その家に長く住み続けるためには必ず必要になることです。
住宅診断士やリフォーム施工会社ともうまく付き合いながら、定期的なメンテナンスで、安心して暮らし続けられる我が家を目指しましょう。