リフォームは築何年が目安?

意外と知らないリフォームの適切な時期についてご紹介します

意外と知らないリフォームの目安時期を知っておきましょう

リフォームの適切な時期は、それぞれの家によって大きく異なります。というのも、立地や住んでいる人の生活スタイルなどによって、家の状態は大きく変わってしまうからです。ここではまず、リフォームを検討する目安となる年数と、リフォームを考える前に知っておきたいことなどをご紹介いたします。

リフォームの目安となる時期

「家のリフォームって、築何年くらいしたら考えればいいの?」
頭の中にそんな疑問がある方は、きっと多いのではないかと思います。
それもそのはず。
自分の住んでいる大切な家なのに、リフォームに関する情報というのは、意外と手に入れにくいものですよね。

実際にリフォームを請け負う会社に相談すればわかるのかもしれませんが、
「リフォームしろとしつこく迫られそうで…」
「後から何度も営業電話がかかってきたらどうしよう」
「まだリフォームするには早い気がするから、無理に勧められたくない」
そんなイメージを持ってしまい、リフォーム会社への相談をためらってしまうという方もいらっしゃるのではないかと思います。

ですが、住宅のリフォームはとても大切な問題。
特に問題なく毎日を過ごしてきた方でも、ある日突然、お風呂やトイレが壊れてしまった、屋根から雨漏りがしているなどのトラブルに見舞われる可能性もあります。

特にお風呂やトイレなどは生活に直結する部分ですから、できれば事前に対処して、「ある日突然壊れてしまった」という事態は避けたいものです。

リフォームというと、「古くなった箇所を直す」「壊れてしまった箇所を直す」というイメージを持つ方も少なくないかもしれませんが、実際には壊れたり、古くなったりする前に手を打つことが大切です。

なかなか人に相談しにくいリフォームのお悩みは、ぜひこのサイトで解決していきましょう。
このサイトでは、リフォームの目安時期から、住宅診断(ホームインスペクション)という新しいサービスの活用、そして適切なリフォームをしないとどうなってしまうのかまで、意外と知る機会のない情報の数々をご紹介しています。
ぜひ最後までお読みいただき、リフォームに関する不安なイメージを、前向きなイメージに変えていってくださいね。

それでは、早速次のページから、リフォームの目安時期をご紹介していきます。

住宅診断の活用

前のページでは、リフォームを考える時期と、点検の大切さをお伝えしました。このページでは、その点検を行う『住宅診断士』の力を借りるメリットをお伝えしたいと思います。最初からリフォーム会社に相談に行くよりも、住宅診断士の方に確認してもらってからリフォームを考えた方が、より安心感が増すでしょう。

もしもリフォームをしなかったら?

最後にこのページでは、もしもリフォームをしなかった場合、どんなデメリットがあるのかをお伝えしていきたいと思います。できればあまり想像したくないことではありますが、他人事とは限らないことも覚えて置いてください。大切な我が家にいつまでも住み続けるために、リフォームの大切さを今一度確認しておきましょう。